ホーチミンシティから一足伸ばして①:長距離移動は寝台バスがお勧め

長距離の移動に便利なのが、この寝台バス。例えば、南部のビーチリゾートであるニャチャンだと、ホーチミンシティを深夜に出ると、翌日の早朝に到着します。つまり喧噪の大都会を出て、目が覚めたら、そこは白砂のビーチが広がるリゾート!

寝台はフルフラットに近く、体を横にして眠ることができるので楽です。バスによって車内の設備は若干違い、2列+2列のベッドの場合と、3列独立式のベッドの場合があります。後者のほうがお勧めですが、「安いので2人分のシートを買って、広々とした寝台でゆっくり眠った」という人もいます。最近のバスは、設備も整っていて、エアコンはもちろん、Wi-Fi完備は当たり前。

バスでの移動をお考えの方は、ぜひご相談ください。長距離バス網は、ベトナム全土を網羅しているほか、カンボジア(プノンペン、シェムリアップ)もカバーしています。バスの発着場は、イージーステイサイゴンから、徒歩5分のところです。

DSCN0009